法律について

企業を法律面からサポートする企業内弁護士

近年、政府が弁護士増加を狙った法案を作ったことで弁護士の数が増加しています。
それに対して弁護士の需要は減っており、結果仕事がない弁護士が増えています。
そんななか注目が集まっているのが企業内弁護士です。
企業内弁護士は業種ごとに発生する契約問題や権利問題などについての法律を理解し、企業を助ける仕事です。
企業内弁護士は法律事務所に所属する弁護士とは違い、企業に雇用されているので有給が取れ、福利厚生があります。
事務所に所属する弁護士は依頼人の都合に合わせて仕事をしなくてはいけませんが、そういったこともありません。
さらに法律上弁護士は個人事業者という扱いになり、確定申告をしなくてはいけませんが、企業に所属することでその手間が省け、仕事に専念することができます。
企業内弁護士に求められる能力として法律の知識以外に英語能力やコミュニケーション能力があります。
グローバル化が進む中、海外企業を相手にすることもあるからです。

Copyright© 法律l Rights Reserved.