法律について

法律に関する様々な国家資格について

法律に関する資格は現代社会にとって非常に大切であり、専門的な法律の仕事を行うためには様々な国家資格を取得しなければなりません。
法律の国家資格で最も有名かつ難関とされているのが司法試験です。
司法試験に合格すると、弁護士、裁判官、検察官といったいわゆる「法曹三者」への道が開かれます。
また、司法試験と同等に高い難易度といわれている公認会計士になるための国家試験もあります。
公認会計士は、企業など法人の財務書類の監査や証明等、経理や会計において法的に極めて重要な業務を行います。
そのほかにも司法書士、税理士、弁理士、中小企業診断士、社会保険労務士、行政書士、通関士なども国家資格であり、これらの国家資格を取って行う仕事は現代社会においてかかせない存在です。
国家資格には試験の合格難易度の差はありますが、決してそれぞれの国家資格の優劣を示すものではありません。
どの国家資格も法律のスペシャリストとして業務を行うための登竜門といえるでしょう。

Copyright© 法律l Rights Reserved.