法律について

法律面でサポートする司法書士と行政書士の違い

同じく書士という肩書の二つですが、この二つには根本的に書類の提出先が全く違うなどの違いがあります。
司法書士は登記や訴訟に関する書類の作成が主な業務なので書類の提出先は裁判所や法務局であるのに対し、行政書士は国や役所などの行政機関への書類提出が主になります。
どちらも法律に則り書類を作成することは同じであり、多少扱う分野が被ることがありますが、それぞれにしかできない業務があります。
相続手続や会社設立の登記や相続放棄の手続、家庭裁判所への申立書の作成は司法書士にしかできません。
一方行政書士にのみできる業務として法律に基づき役所に対する各種許認可手続や自動車、外国人の手続があります。
国家試験の難易度は司法書士の方が断然高くなっています。
司法書士に合格していれば行政書士に合格しやすいということで、司法書士としてだけではこなすことのできない業務を補いたいと考える人は司法書士の資格と行政書士の資格をどちらも持つ人もいます。

Copyright© 法律l Rights Reserved.